Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

修正力が決め手! ルマン24時間レースもそうだね

事業の立ち上げをお手伝いをする機会が多々あります。
殆どの方は、他で動いて来て、最終崖っぷちで相談されるので・・
目標への、時間がないケースばかりです。

お引き受けしない訳にはいかない状況が多い(知人紹介であり、困っていて)
・事業コンセプトを決めて、依頼者にプレゼン(収益性を中心に下調べします)

納得いただけたら契約書を作成(着手金を下さい、成功報酬を下さい的な契約)
本格的に動き出します。
・事業規模を決めて、事業計画を策定(現地調査他、実現性を中心に調べます)
・投資家、金融機関向けの資料をラフに作ります。
・時には、会社設立への申請書類や印鑑も作ります。

ここまでは、他の作業を止めて最短時間で対応します。”速さが売り”
金融機関向け資料、行政機関への許認可申請などは、
受付日が重要なので、取り急ぎ出し受付をして頂きます。

ここから、機関担当者の指摘に合わせて追加・修正し最適資料に仕上げます。
この過程が重要です、機関担当者に多くの補助情報を与えることができます。
”適時修正の速さ”で、WINを勝ち取ります。

▽修正(修復)力がWINの決め手!と言えば
先日、フランスで開催された「「ルマン24時間レースが正にそう
自動車レースの最高峰だと思っています。
レース結果は、ポルシェHYBRIDの2号車が総合優勝して終了

ルマン24H
テレビ放送が無いようだったので、
トヨタのサイトからネット中継で観ていました。
写真の画面は、iMacとMacBook

画面内容が違っているのは、接続されているサーバーの違いで
遅延の差がでているのか? 5秒もズレている


ルマン24時間は、”24時間走で何周廻れるか?”が勝負です・・
・速く走れば、たくさん周回できます。
・故障なく24時間走れれば、たくさん周回できます。
・例え、故障しても短時間で修復できれば、たくさん周回できます。
・燃料給油の時間がなければ、たくさん周回できます。
・ドライビングのミスなく走れれば、たくさん周回できます。
+他車両からの貰い事故がないことを願って走ります。

TOYOTA HYBRID Car No 8最上位LMP1クラス、その走行時の
トップスピードは、なんと300km/hをオーバー
このトヨタ8号車のスピードは、324km/h
「凄すぎますね。」

日本勢、トヨタの7号車と9号車は、深夜の時間帯にトラブルでリタイア
8号車が、メカニックの修復作業により生き残って9位に入っています。

ルマンは、筋書きのないドラマだ
昨年も、トヨタのル・マン初制覇はもはや確実と見られていたのですが、レースも残り3分を切ろうとしていた頃、無情にも5号車はトヨタのピットウォール前で力尽きて優勝を逃しています。

23時間57分走って、の残り3分ですから・・・

Car No 1これは、快調にトップを走っていた
ポルシェの1号車が、残り3時間50分の所で
スローダウンし・・・
ピットでは、「??」の状態
・・で、停止


淡々と周回を重ねるルマン24Hレースの見所・・・が、

Car No 13ピット作業ですね(3位入賞した13号車)
燃料補給とタイヤの交換で何度も入ってくる
故障の修理・修復の作業が凄い
破損箇所は想定されているので、
スペアとの交換を如何に早く行うか
修復の速さが勝負を分けます。

我々の仕事の進め方の全般、恋愛への対応も同じかも知れません、
修正・修復の速さが・・WINを呼び込む気がします。
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

新緑の北海道支笏湖、ドローンと360度撮影の旅

新緑の北海道支笏湖へ、ドローンと360度撮影の旅に出かけました。
4月の後半に計画を練って、6月7日から10日まで行って来ました。

撮影機材今回は、これまでのD810の撮影に加えて
ドローンを使っての撮影と360度カメラでの撮影を計画
これらの機材を持っていきました。
ドローンは、飛行規制が厳しくなっていて、
都市部では許可なく飛行はできません、
いつまでたっても腕が上がらないので・・決断(笑)

羽田空港11時発のANA61便で新千歳に向かいます。
新千歳空港でレンタカーの迎えのバスでレンタカー会社に向かい
12時30分:レンタカーで千歳市のイオンモールに向かい昼食をとり

14時ごろ:支笏湖休暇村に到着
原生林に囲まれた素晴らしいロケーションです。

支笏湖雨が降りそうな曇り空の日でしたが
施設の前に広がる野鳥の森を通り抜けて
ちょっと急な階段を降りると支笏湖の湖畔に出ます
肌寒い日でしたが、張り切って半袖で出てしまった(笑)

一通り、撮影をした後・・夕食まで時間は有るし
支笏湖の水中を見る透明度日本一支笏湖の湖底を見る遊覧
水中遊覧船に乗って見した(¥1620円也)
港では、船の周りに魚がぎっしり
船は走り出して間も無く水深の深いエリアに入り、
10分程で、船は減速、水中に縦に並んだ岩肌が見えます
「柱状節理」と呼ばれる大自然の創造物が湖底に・・

宿に戻り、ナトリウム系の温泉に入って「お肌すべすべ」でした
夕食は、バイキング方式で、北海道の幸が食べ放題(後に記述)

▽二日目(雨です)

雨の野鳥の森
小雨だったので
宿泊施設の前に広がる野鳥の森に
360度カメラを持ち込んで撮影しました
自分が写らない様に、木の陰に隠れて遠隔操作


車で、支笏湖温泉を起点に支笏湖を反時計回りに走ってみます
雨の支笏湖
雨なら雨らしい一枚を撮ろうと、
湖畔の支笏湖観光センターに向かいました
釣り船がたくさん休んでいます。
雨が強くなったので、ここから移動します。


更に、左回りのドライブを続けたところ・・
丸駒温泉ホテルの駐車場で行き止まりでした(笑)
丸駒温泉露天風呂
ホテルのホールに入ってみると案内板が・・
由緒ある温泉らしい・・そうこうしていると、
何人かの方が日帰り温泉券(千円也)を求めてます、
雨だし、時間もあるし・・「私にも入浴します。」
三百円のタオルも購入し、いざ、露天風呂に・・

ところが、東京に戻ってわかったことが、
丸駒温泉の秘湯と言われる露天風呂は、ココじゃない「ぎゃー」
そう言われれば、先に入った人がいなかったのです。
更に、奥に通路を行くと”秘湯”があった”のだ

▽三日目(晴れました)
昨夜までの雨で草木が濡れて、そこに太陽の木洩れ陽が・・・綺麗

360°で撮影しましたので ブラウザーChrome でご覧の方は、お愉しみ下さい。

小鳥の声も聞こえますね、この野鳥の森が宿泊施設の庭なのです。
・・と言うよりも、森の中に施設がある感じ・・食堂から小鳥の餌付け場が・・

天気が回復したので・・・テンションも上がり、山に行くぞ!
30分ほど森の中をドライブ・・熊に注意の看板のあるゲートを過ぎて・・

樽前山登山道駐車場に着くと、満車状態
皆さん、登山者の装備で、山に入っていきます。
私は、普通の格好でたくさんのカメラを担いて(笑)
見通しのいい場所まで行こうと、登り始めました。
(この時点で、頂上に行く気なし・・カメラが重い)


出会う登山者に、「ここまで来たなら」・・と言われ・・
樽前山とドローン
「樽前山」の外輪頂上まで登っちゃいました
途中、写真を撮りながら1時間ほど
風が強いです・・ドローン初心者は無理です。
噴煙上がる内輪山には近づけません(危険)


風は強い(風の音が入り)ですが、見晴らしはは最高ですよ
360°で撮影しましたので ブラウザーChrome でご覧の方は、お愉しみ下さい。

如何でした?誰かの頭が写ってるって(笑)隠れる場所がなくて・・

登山情報;下山時、沢山の火山石が登山道に転がっていて(当たり前)、
注意はしていたのですが、その石に乗って、”片足ズルリ”、2回転びました。
いわゆる片足だけ先に滑っちゃう「股裂き転び」です(ふふ)
富士山登山歴10余年、慣れているはずが、石の丸さが違ってました。
カメラとか8Kg以上の装備を肩に掛けていた事もバランスを欠いた原因かも

緑のトンネルこの樽前山の登り口に来るまでに
通り抜けた緑が美しい道
ショットカットで整備された感じで
舗装工事はされていませんが、それがイイ
木洩れ陽が美しい・・空気感も最高でした


さてさて、注目の北海道の幸ですが・・
支笏湖での食事宿泊施設の食事は、ご覧の通り
朝夕バイキングで食べ放題・・食べまくり

中央の料理は、ご当地名物のチップ料理(姫マス料理)
チップ三昧の贅沢料理は、支笏湖温泉街の「寿」さんで
左の海鮮丼は、苫小牧「海の駅ぷらっと」市場で食す。

▽四日目(大雨予報でした)
寒冷低気圧で・・強い雨やカミナリが予報に・・

勉強
まだ9時、18時半のフライトまでは9時間も
11時まで、施設のカフェで勉強をすることに
美しい新緑を眺めながら・・イイ環境だなぁ

と言うものの・・どこに行こうかなぁ
施設の方に伺うと、苫小牧の「海の駅ぷらっと」と
白老の「アイヌ民族博物館」・・両方行こう

苫小牧の「海の駅ぷらっと」までは、約1時間程度でした
写真の海鮮丼とホッキ貝焼きを食して・・

ポロトコタン(アイヌ民族)苫小牧から白老まで25kmほど
「ポロトコタン」アイヌ民族博物館
入場料800円也、駐車場300円也
雨は降り続いていて・・韓国からの団体のみ
周辺外観と室内の写真を撮り・・20分で撤収


14時過ぎ:ここから新千歳空港までは、道中高速道で向かいます。

帰京
新千歳空港で、フライトまで2時間ほど
たっぷり時間があるのでフードコートで
朝の続きの勉強をして・・ウトウトして

気付くと、雨は上がり雲の間から青空が見えてきた
18時30分 ANA72便で帰京しました。
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

意外に面白いぞ、360°VR映像を撮ってみた

Kodak 4K VR360 で360°映像を撮ってみました
臨場感を伝え易い360°VRにチャレンジしてみようと・・Kodak 4K VR360を購入

きっかけは、夏からの商品販売へのプロモーションに新しい表現を探していました
Youtubeとfacebookで、360°VRがサポートされたことも有ります。

4KVR360選定したKodak 4K VR360 は
低コストの割に幅広いサポートがされています。
これで、360°VRの表現を勉強してみようと

撮影して見ると自分が映っちゃう(笑)
全周360度で当然なのですが・・で、お皿をカメラの下に置こうと考えた

撮影時の高さにも寄りますが、お皿の直径を決める為に紙の型を試作
12cm辺りがBESTサイズと分かる・・材料加工で東急ハンズに電話したり(笑)
「そうだ!」「CD disk でいける!」と成りました。

撮影後、Mac上の専用アプリで360VRに応じたフォーマット変換をしてから、Youtubeやfacebookにアップロードします。

▽日曜日、天気もいいし、早速、三脚に4K VR360カメラを付けて出かけました。

<下記VR360対応映像の再生においての注意>
環境によっては、VR360再生がサポートされてない為に、展開図の様な映像が再生されますので御免なさい。

パソコン再生では、
Mac環境で Chrome で見えましたが、Safari, Firefox で見る事ができませんでした。
Windows環境では、Explorer, Chromeの両方で見えました。

スマホでの再生では、Android で見えましたが、iPhone6s で見る事ができませんでした。

Youtubeサイト "360 VR Animental Studio"から直接見た場合、
スマホ再生で、Android , iPhone6s 共に見る事ができました。
パソコン再生で、Chrome は見えましたが、Safari, Firefox で見る事ができませんでした。

まだまだ、ビューアー依存の状態ですね。

お楽しみ頂けそうな方は・・以下の操作を
(パソコンならマウスを画面上でドラッグ、スマホなら左右に動かす)

隅田川360°です。


浅草寺360360°です。


日比谷360°です。


秋葉原360°です。


如何でした、結構臨場感あるでしょう。
これから、室内撮影とかをチャレンジします。
YouTube CH "360 VR Animental Studio"をよろしくお願いします。
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

幕張メッセ「ライブ・エンタテイメントEXPO」で新事業プロモ

6月のスタートだ、もう、半分きちゃったぞ

雨上がりの雲模様
浅草寺早朝、浅草寺に参拝
「頑張る決意」を観音さまにお伝えして(笑)

ひと気のない本堂っていいですね
なんというか、静かで
集中できますね

10時には、家を出て幕張メッセへ向かいました

Live Entertainment EXPOまだ、時間は10時台
まだまだ、来場者は少ないですね
駅から歩いてくる人が数人でした

当方も新事業の形が整ってきました
手順を間違わないようにプロモーションを・・

プロモーションを行うための装備やサービスが展示されています。

Live Entertainment EXPO展示会場を見れば・・
やはり、大型LEDディスプレーが主役?
4K、8K時代に向けて、年々、高精細になり
明るさも増していまし、薄くて軽なり
制御プロセッサーの性能もアップして
パネル個別の保守性も高まっていました。

ちょっと気になってお話しした装置・・・
Live Entertainment EXPO写真の上が、
大型LEDディスプレースクリーンの裏側です
構成パネル同士のつなぎに様々な工夫が有ります
つなぎ目の精度を出すために・・・
特別な技術や時間を要しては普及は難しい
下の写真は、演出用の照明装置です。

イベントでの対話感を演出する?会社
Live Entertainment EXPOMAGENCY社さんです
”イベント参加者を一体にすること”は大きな目標
そのために、参加者参加型する工夫をする
参加者を巻き込んでマジックショーとか
会場で、スアホを使ってクイズや選択をさせる
「なるほど」と思いました。

これは、ケータリング会社SUISENさんの例
Live Entertainment EXPO食事の出るイベントは、(?)が多い
”参加費が高い割に料理内容がチョットね”(笑)
ホテル系であれば問題ないのですが、
ケータリングでは、「これかよ?」と思う事多し
ケータリングは、お菓子類がいいですね。
それも、おしゃれに、小分けで・・・

他にも、今後、コラボできそうな何社かとお話しさせて頂きました
キャリーちゃんのASOBI SYSTEMさん、お音楽系のevex entertainment さん

現在仕掛けている新事業のプロモーションの方向が見えたイベントになりました。
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< June 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other