Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

台湾帰国後、小浜島・石垣島に・・で台風17号で帰れない

台湾から戻って・・・洗濯して(ふふ)
翌朝、羽田に向かいます、星を撮しに沖縄”小浜島”へ

ブログ書く今は石垣島、台風17号の影響で1泊延長することに・・
星を見て撮るために4ヶ月も前に予約した小浜島の「リゾナーレ小浜島」に

小浜島に加えて竹富島と石垣島のエピソードをダイジェストで・・・

抜群に綺麗だった星空・・映像画面が小さくて見えないね(残念)
以下のリンクから全画面で見ていただくとご覧になれます。
「石垣島エピソード」

それから修正があります。
映像内最後の平久保崎灯台のキャプション、最南端でなく「最北端」でした(x-x)

石垣港石垣港
到着した23日、絶好の天気

小浜島まで、約25分
揺れは少なかったです
港からは、送迎バスで約10分

広大な「リゾナーレ小浜」に到着
リゾナーレ小浜島港で、ウエルカム・パイナップルは嬉しい(ふふ)
分散する宿泊棟はスタッフがゴルフカートで送迎
私は、本館とレストランから歩いて1分の好位置でした
敷地内のプライベートビーチにはバスで約3分


帰りは、写真を撮りながら歩いて帰ってきました。

星の撮影
バフェタイプの夕食をゆっくり食べて、
宿泊客と話を楽しむスタッフ達と話し込んでいたので、
時計は、21時半を過ぎてしまいました。

22時過ぎ、灯りのないエリアにカメラを設置・・・
カメラのセッテイングに手こずった(ふふ)

星の姿
この画像をクリックしてみて下さい、
「沢山の星が見えますよ」
(大きいファイルなので多少時間がかかります)


如何でした。
都心では、絶対に見られない素敵な宵を過ごさせて頂きました。
久々に2日間連速で晴れたらしく、VERYラッキーでした。
「来て良かった」と言うのかな

小浜島の朝日
翌朝も、素晴らしい朝日が・・
バッチリ撮影しましたよ
6時43分 これから雲が消えて行きました。


少し島内を散策しようと自転車を借りました
小浜島ポタリング
農業が主産業の島では、農地が多い
離島では、食の確保は死活問題
産業としての発展と自給体制の確保の両立
六次産業化の余地は多い気がします。


幻のリゾート
ここは、かつてのリゾートエリアらしい
「コーラルアイランドリゾート」と呼ばれていた
今は、一部で人が住んでいるようですが、基本空家状態
リゾート開発の難しさを感じました


沖縄の島には、御嶽と呼ばれる祭祀の場があり小浜島にも複数存在します
大岳の蝶々
御嶽は、パワースポットと言われていますが、
島一番の山「大岳」もパワースポットと言えます。
行ってみると、頂上の眺望と気持ち良さは素晴らしいものでした
そこで、出会った何種類もの蝶々たち

沖縄の久高島の知人から言われた一言
「蝶は心優しくすると寄ってくる」を思い出した

居心地がいいリゾートでしたが、食事も重要
リゾートは食事も大切
これは、炎天下3時間半のポタリングから帰って
くたくたの空腹状態でオーダーした
「大盛りカレー」
美味しかったです。


リゾートは食事も大切
ディナー・バイキング
2時間ほどかけて、ゆっくり頂く贅沢
ビールやワインと共に、食べたいものを食べる
とっても満足できました。


3日目、竹富島に渡り、撮影を楽しみました
竹富島
小浜島からの直行便がないので、一度、石垣島に行って
戻る感じで、竹富島に向かいます。
石垣島からは、高速船で10分弱でした(早い)
写真は、小学校です。

竹富島は、ほとんどの観光客は自転車で廻ります。
竹富島のシンボル
竹富島のシンボル「牛車」
集落を走っていると結構出会います。
この日も炎天下で2時間半ほど走行
疲れすぎて心拍上がった(笑)


15時40分の便で石垣島に渡り、ホテルにCHECKイン
台風17号
いよいよ台風17号が向かってきているようだ
その夜は、ライブハウスで23時まで飲んで(風はやや強い)
26日は、強風の中、午後から石垣島ドライブに
徐々に風は強くなって波も高くなってきたのですが・・
17時過ぎに、石垣島の最北端まで行ってきました。
(表示データは、27日6時10分の位置)


台風17号の自然このファイルをクリックしてダウンロード
それからクリックして再生してみて下さい
めちゃ強い風の最北端映像です。

・・・と言うことで、27日に帰京する予定が、明日(28日)に変更しました
でも、絶妙のタイミングで、素晴らしい星空が撮影できて超感激です。
(金も掛っているし)ふふふ
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

台風16号の間を抜って台北出張、翌日から小浜島へ

23日から、4ヶ月以上前に予約した小浜島のホテル行きを楽しみにしていましたが
急遽、台北への出張が決まって20日から22日の日程で台湾へ

時は、台風16号が迫っていて・・飛行機は飛ぶのか
台北0920
20日11時、成田空港は曇り模様でしたが
今日は飛びそうだ
「良かった〜」



15時、台北(凍原)空港に到着
入国審査が長蛇の列で、半端ない時間をロス
台北0920現地時間16時14分(時差1時間)
台北のダウンタウン(台北駅)に到着
ホテルの通りを探すが、なかなか見つからない
途中、お巡りさんに聞いて事なきを得ました。


ホテルに着くと現地の接待係が来てくれて(ふふ)
互いに母国語でない英語で互いの職業を話し・・食事して

台北0920ホテルに戻って部屋にいると
知人(台湾人)が着いたらしくロビーに呼ばれた
そこにいたのが知人の弟、陳さん

私しが25年ぶりの台湾だと話すと・・・


陳さんが「それじゃ、ツアーだ・・」となって・・ふふ

そんな数日をイメージ映像にすると・・・こんな具合に

「ふふふ 如何でした?」
映像では仕事が3秒ぐらいでしたが、実際には8時〜14時までガッツリ(笑)

メインの仕事以外にも・・・
弱者とサポートするNPOの会長さんとお話したり
台湾で映画を作って、台日貿易をする社長さんと話をして・・
「結構・充実の旅に・・」

翌朝・・6時過ぎにホテルを出て、街写真を撮りながらパス車庫へ
6時45分発の空港行き・・・たっぷり1時間バスの旅(笑)
台北0922
長蛇の出国審査を通過して
出国できたのは8時過ぎてた・・

全日空機は、787sで快適23G
ゆったり帰路を過ごせました。

さてさて、話し合ってきた内容を検証して・・・次の一手
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

開催中ビッグサイト「自動認識総合展」でアプリ考えた

東京ビッグサイトで開催中の「自動認識総合展」を見てきました

例によって、雰囲気映像ですが・・・
会場で撮影した映像が撮れてなかった(苦笑)で・・・趣向を変えて編集してみた

如何でした・・・ふふ(変でした?)
”自動認識”っていうイメージでてました?

因みに、ビッグサイトの道路を映したインターバル撮影は結構恥ずかしかった、これを撮るにはジッと動かないでiPhone6sを構えていなければならないので(笑)
車の走行音も、例の外部マイクを付けて収録しています。

それはそうと、展示会ですが・・
自動認識総合展「自動認識総合展」ということで
ロボットのセンサー類が展示されているかと思い
調べたいセンサーがあったので、行ったのに・・
RFIDとバーコード・スキャナーの世界でした

写真は、自動認識システムの大賞をとったソルーション
NFCを使ったアプリは、これからも増えていくと思います
NFCアプリのビッグ・トレンドは「Apple Pay」

当社でもNFC利用のアプリ計画が有ります、
偶々、凸版印刷のブースでお話した担当の方も同様の考えをお持ちで、
相談しながら、実現していこうと考えています。
ヒントは、「知的所有権」です(ふふ)

自動認識総合展これは、UHF帯のRFIDチップです
このチップの特長は、耐熱性
プリント基板の右下にチップが・・・分かりますか?
ハンダ付の温度にも耐える耐熱性能ということです。

「このチップだから出来るアプリが有ります」

参考出展でしたが、ちょっと、目を引いたガジェットが・・・
自動認識総合展”フィンガー・スキャナー”です
指の先にレーザースキャン発光体がついてます
腕につけた処理装置でスマホ等と通信して
データを処理します。

ちょっと、閃いたアプリがあります。
ヒントは、「店舗案内」

▽スキャナーといえば・・下のスキャナーをAmazonで購入
御蔵入りしていた、35mm資産をデジタル化します。
SCANNER
plustec社の「OpticFilm 8200Ai」
これで35mmポジフィルムをスキャンします
解像度は何んと最大7200bpiと凄い
1枚RAWで100Mbyte超、JPEGでも45Mbyte以上
勿論、そんな超高解像度は使いません(^^)

今、ロボット制御用のセンサー類を研究中デスが、RFIDを使った事業プランもあるので、最適なデザインができたなら、テスト利用販売を考えています。
テスト利用と言っても販売目的なので、1万個程度仕入れます

”自動認識”・・・頭の隅に憶えておいて下さいませ
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

超いいデキ映画「KINGS OF EGYPT」"エジプトの神々"

「KINGS OF EGYPT」原題”エジプトの神々"を観てきました
国内では、盛り上がりに欠けていて、評判がイマイチらしいのですが、
私的に、この作品は超おすすめです。

登場する神々は、オシリス"Osiris"、ホルス"Horus" 、セト"Set"等トップクラス
愛の神 ハトヘル"Hathor"まで登場しちゃうんだから(笑)

如何でした、編集が極端で、ちょっと分かり難いトレイラーでしたね。

観て欲しいのは、世界観の描写力です、登場する建築物のデザインから始まって
宮殿内のインテリアとメチャ長いドレープが超高級イメージを醸し出す
空間の作り方が素晴らしい・・
こういう情景を大画面の3Dで観て、脳みそに入れておくと絶対にいい

主人公の盗人"Bek"が忍び込むダンジョンのアイデアもゲーム的でワクワクできる
"Hathor"のヤンキーっぽい性格も好きになっちゃう、美人ヤンキーはイイっす(笑)

全編、すごいVFX技術で表現されていますが・・・
このシーンも凄かったです・・・

如何でした、迫力満点でしたでしょ・・でも、やっぱ大画面で観ないと

作品の中で、神々の体が人間の約1.5倍で、身長は 9feet(2m70cm)
戦闘獣"battle beast" に変身すると、身長は 12feet(3m60cm)になるそうで
血液がゴールドだっていうのが「神だ〜」と思いますね(ふふ)

この人間と神の撮影には、モーション制御カメラという撮影機材を使います。
以下に、16年前(2000年頃)に私めが運営していた特撮スタジオで、
スタッフがモーション制御カメラで制作したサンプル映像が有りました。

sml movie このファイル(MP4)を
Clickして下さい。

如何でした、技術的には16年前に実現できていました。
CGについても爆発や粉塵などの表現はパーティクル処理が有りました。
本作品は、技術もさることながら、世界観のデザインが優れていると思います。

基本的に、他人が作った創作世界に浸っていると”創作活力”が奪われますよね
浸らないで、受け取ったら、それを活かして創作(脳を通す)活動をしたいです。
受身でも勿論、脳は活動しますが、創作脳は人生を攻める脳なのです。

テレビの娯楽番組やスマホゲームとかは、基本、生活活力まで低下します(ふふ)
でも、このレベルの作品に浸ることは、自身の創作基準を高めることができる。
何しろ神々が登場するんですから・・(笑)
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

ビッグサイト「Gift Show 2016」初日 早朝iPhone7来たー

東京ビッグサイトで開催中の「GIFT SHOW 2016」行ってきました

例によって、雰囲気映像を・・・基本、撮影禁止なので素材少ない(ふふ)

とにかく、面白くって楽しい展示会ですね。
ビジネス・アイデアがどんどこ湧いてきます。(笑)

とにかく広〜い展示会ですから、目標定めて動きます。

Gift Show 2016これは、ブラザー製のミシンの新製品
カメラで目標を読み込んで位置決めができます
斜め刺繍も、トラッキングマークを置いて設定できます
糸も10色、十分ですね。
アダプターを使って様々な場所に刺繍を行えます。
当社での事業の可能性2%ぐらいかな

「おっと、目に飛び込んできたぞ」
Gift Show 2016セグウェイで有名になった乗り物
この種の製品、かなり前からあったのですが高い
全く興味がなかった商品でしたが・・・

ふとした会話から、いい商品を見つけました。
今回、展示はされていません、日本初登場は当社から
それに、当社らしいアイデア装置をつけて販売します。
とにかく、サンプル1台買おう(ふふ)

Gift Show 2016これは、使い古した道具をインテリアに
この系統のインテリア商品は、根強い人気があります。

東京では、北欧系デザイン製品を置いてる所は多い
東京のど真ん中に欲しい感じ


インポート系で、韓国、中国、その他の国々から大量に出展していました、
中国の広州で、新しい工場を新設した3Dキャラ会社・・すぐコラボできそう

韓国で2社、受付に可愛い子がいたのでつい話した商品が2種
ハンディ殺菌等、コードを整理できる電源スイッチャー(笑わない)
それに・・USB顕微鏡は「いいね」しました・・めちゃ興味ある商品
3万円程するので、アプリをどう考えるか?がポイントかな

今、資金はあるので、いろいろ取り組めそう(笑)

Gift Show 2016地方の伝統工芸が展示されてました
日本の匠、「これからはいいぞ」
東京オリンピック開催に向けて海外展開
政府が企画する海外広報事業に乗ればいい
石川県の匠に、アイデア閃いた(ふふ)
県のコーナーを企画した役所の方と立ち話

石川県には、再生可能エネルギーの施設提案をする計画があるので、
行き来しても無駄がなくなっていいかも(と思った)

「Gift Show 2016」ビジネス発想の楽しい時間を頂きました。

今、海外資金者との面談を前に提案内容準備、海外クライアントへの請求など等、
でっかい資金獲得作業にめちゃ忙しい状況での、展示会散策でしたが、
脳みそのいい休憩になりました。


▷ブログ用の映像制作中 「iPhone7 が来たー」
iPhone7plus
いやぁ〜出ましたね。
ブログを書いていたらApple iPhone event開催の情報
10am PDT から始まる?、2amになっても始まらない


映像を撮るならWカメラ(写真)の iPhone7plusしか選択肢がないね。
iWatchをバカにしていましたが・・・ApplePayが使えるとなると考えちゃう
iPhone6s から、iPhone7pluiWatchか(ふふ)
悪くない!
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

Tokyo Jazz FESで iPhone6s録音改善Check ・・地方創生か

「地方創生か・・交付金・・・う〜ん」
知人との打ち合わせ終了、頭の中でアイデアの構成作業が始まった(ふふ)

それはそうと・・・iPhones6sでの映像
前回、上高地、隅田川での映像で"風切音"が非常に気になりましたが、
外部マイクを使う事で、音質の向上と風切音への改善を目指しました。

テスト場所は、TOKYO JAZZ FESTIVAL (東京フォーラム)会場

「如何でした?」「風切音ないでしょ、やった〜」
因みに、最初の拍手音もこれで収録してます。

iQ7今回、購入した外部マイクは
MS Stereo Mic for iOS Devices
「ZOOM iQ7」です。
マイクに、別売りのWindscreenを取り付けて
Jazz FEs会場に・・・(基本、録音録画禁止です)

効果は、思った以上
いい音で録れました。

折角、TJF会場にいるんだから・・「生のナベサダ聴いていこうって」
Tokyo Jazz Fes
16:00
夜の部開場まで1時間半 ”チケット売り場にGo”
席は、S席とSS席のみ10席程度しか残ってなかった、
2階席のS席を購入 8,800円也


17:15 会場入り・・・
Tokyo Jazz Fes
何度も、何度も「録音録画は禁止」のアナウスを聞き
さすがの私も、ここでiPhone6sを出して
マイクのテストは叶わなかったです(笑)

生演奏は、脳に録音しましょう

いやぁ〜 瞑想に準ずる心地いい演奏でした。
「JAZZは、いいなぁ」


▽地方創生への交付金申請(28年度は1000億円)
(1)しごと創生・・・IT を活用した中堅・中小企業の生産性向上や新事業促進、農林水産品の輸出拡大、観光振興(DMO)、対日投資促進 等
(2)地方への人の流れ・・・生涯活躍のまち、地方創生人材の確保・育成 等
(3)働き方改革・・・若者雇用対策、ワークライフバランスの実現 等
(4)まちづくり・・・コンパクトシティ、小さな拠点、まちの賑わいの創出、連携中枢都市 等

すでに、交付先が8月に決定していて、残った予算分を更に公募するようだ

これらの決定の危うさについて、「東洋経済」が記事を載せていた
 地方創生交付1000億円リストの危険な傾向
 あなたのまちの「事業計画」は大丈夫か?

「確かに、こんな計画にもお金出すんだ。」の印象です。
さあ、我々も・・・なんだかんだ計画を提出するど!(交付申請は行政機関から)
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

映画Jungle Book観て8月も終わり、Biz加速はPATENTで

8月の最終日

今年の後半戦に突入直前、推進事業の優先度を見極める目的で・・
vicissitudes2015年1月から今日までの20ヶ月分
事業起案と具現化の軌跡を年表にしてみた
こんな感じに・・大まかに4分野で進んだ

朝から半日パソコンに向かっていた「ふぅ」・・外を見たら晴れている
前日の台風10号の曇り空も吹き飛んで、雲はあるけど青空だ・・・
ちょっと息抜きに太陽を浴びようと、隅田川まで散策すると、
なんと隅田川が”逆流”してました

「風切音がうるさいね、iPhone6sで収録するマイナス・ポイント」
これは、風切音防止ウィンドスクリーン付きの外部マイクで対応できますね

それと手ぶれですが、Appli "Hyperlapse from Instagram"で対応できそう
参考:因みにiPhone6s plusには、手ぶれ防止機能が搭載されている様です。

川だって逆流する事だってある、現実って何でも起きると思った「想定は想定だ」

象徴的なシーンがこれ・・
The Jungle Book小楽低学年で読んだ「ジャングルブック」
実写で観られる時が来た、驚きだ
少年以外は全てCGだそうで、そっちでも驚きだ
作品の出来は最高で、十分に楽しめました。



現代の子供達、ますます現実社会と脳内の世界の区別がつかなくなるなぁ

この作品は絶対に大型スクリーンで観ておいて欲しいと思います。

もう、「昔はこうだった」と言っても、その情景想像の方が難しい時代に・・
ここからは、僕たちも21世紀らしい思考で生きていく事かと思った
であれば、ロボットとの共生を脳内から現実にするチャレンジが面白い(笑)

以前から、「Service Robot」については製作企画をしていましたが
21世紀らしい、共生社会を想定しての「Service Robot」の有り様を、
「特許明細に書いてみよう」っていう考えになりました。

ポイントは、2つです。
(1)Hackされない Service Robot ・・・
  人間が業務AppliのPreloadする等をせず、動作ソフトに直接触れない構造
(2)各Service Robot の職位を自動化・・・
  複数のサービス業務ソフトを Robot達が自らの経験から獲得していく

人間は、Appliソフトを準備してDB化、処理すべきデータ環境を指示するだけ

これは、人に依存することなくRobot自身で、職域を作り出していく考え方です。
ほぼ、アルゴリズムはアイデアレベルで完成しているので、実証試験をしながら、
PATENT(特許)の申請をしていこうと考えています。

アルゴリズムの原点は、
1964年東京オリンピック時に携わった”SuperComputer CDC6600 ”
オペレーション・イメージは、
Appliをダウンロードし、それを実行している現代人の姿
Appliの操作は馴れてきます、それは脳が自動操縦を始めた証
その情景こそは、Robot自律化の有り様のシミュレーション

5年から10年後に、注目されることを想定しています。
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< September 2016 >>
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other