Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

映画でも現実でも、見える状況から最適をつくらねば・・・

今、幾つかの事業案件に関わり、一歩一歩、事を進めています。
公表できない段階での作業ばかりで、最近はTwitterも御無沙汰しています。
ふっとつぶやいてしまったら大変だから・・・(笑)

そんな中で、結果を最高のものにしようと、最適値を高め求めていく訳ですが・・・
思いの中の最適値が、その未来にとっての最適値で有るかは・・実は不定
我々を取り巻く環境は、様々なフォースによって変化しています、
その時、その時で、最適を選択して行かなければ、誤差が広がるばかり・・
最適の選択は、信念(一部思い込み)と現実のバランス感から行われています。

▼例・・その1
前評判の良い、映画「一命」を観ました・・・
主人公、津雲半次郎の最適値判断の間違いが、一家を破綻させたと思いました。

“命を懸けて何かを守る”侍論で判断しても、半次郎の擁護は難しい(笑)
詐欺行為をした義理の息子の父として、筋違いの敵討ちは、身勝手と思うし、
大切な娘の将来を、侍の面子でつぶした事も、最適値の判断にはほど遠い。

映像的には、グロが際立ち、美しい映像がゼロで、元気が吸い取られた(笑)
太鼓のBGMでシーンが流れる所がありましたが、チョッと合わないシーンも・・
一方で、効果音(SE)に関しては、リアル感にこだわる監督を感じました。

▽例・・その2
動物の映画「DOG X POLICE」を観ました・・
この作品は、最適値判断の構成バランスが良いと思いました。

主人公の早川勇作は、熱さ百%冷静さゼロ人間で、単独突っ走り人間ですね。
組織人としてはNGかも知れませんが、最適値の判断としては動物的で、
警護犬のシロが、当初劣等生扱いでしたが優れた臭覚で貢献する所に類似(笑)

作品的には、シロの疾走シーンなどワンちゃんの賢い演技が光りました。
連続爆破犯の異常さの演出に、下着姿にしたのは、映像的に美しくないですし、
普通に仕事をこなす人物が、連続爆破犯である方が怖さが増す様な・・・
爆発シーンも煙ばかりでイマイチで、特撮(VFX)もこだわりが感じられないし、
あまりにも早川勇作のひとり行動で、犯人追跡の緊迫感が感じられませんでした。

映画の世界は、ともかくも、
現実の社会では、刻々と変化する周辺環境に、自身の最適値を調整していく事が大切

▽▼例・・その3
23日のNHKスペシャルで「中国からボスがやってきた」を観て・・
アパレル大手の「レナウン」の筆頭株主が中国企業になった事のドキュメント番組

本社を訪れた董事長の一言「皆さんには、変わって頂く」・・いい言葉です。
考え方が異なる指令に、日本の担当者が面食らっている姿が映されていました。

日本側は、初号店舗を北京にこだわり、中国側は、縁を使い地方都市から・・
私的には、中国の考え方に賛成でして、
1)まずは、スピード感・・・少しだけ見習うべき(笑)
2)レナウンのブランドは中国では無名、良いものが売れる地方からはグッド
 ⇒ブランド戦略・・・まずは数字を出してから(中国式?いや普通)
3)中国では、日本で報道されるほど日本ブランドを重視していない
 ⇒日本のファッション誌連動人気は、まだ大きな数字が出るほどでない。
4)中国の地方都市は、市場1千万人超も有り、日本の感覚で評価できない

日本流の思い込みマーケティングでは、最適値を判断しているとは言い難い
ここは、現実、目で見た事実(経営実態)を元に、最適値判断をしないと・・
番組でも出てきた、韓国メーカーの躍進(最適値判断)を参考にすべきです。

今、何が自分にとって、会社にとって、どれが最適値なのか?
鍋を囲んだ友だけでは、方向を見間違えるかも知れませんよ。

大きな変化をしている地球の今、過去データの思い込みは自身の可能性を狭めてます。
発想のネタ探し > CONCEPT DESIGN | - | -

映画「Battle Los Angeles」で考えた、ミッション達成意識

映画「Battle Los Angeles」を観てきました。
この映画、3.11が公開予定日だったハズ、何かの理由で公開が遅れました。
この映画、全編が戦闘シーンかと思うほど・・・ず〜っと戦っています。
宇宙人が強くて米軍が短時間で蹴散らされちゃう、劣勢状態での物語

そんな劣勢戦況の中で、海兵隊小隊が生き残りをかけて必死に闘います。


映画、ご覧になりましたか、
凄いですね、戦闘また戦闘、休息・朝食よりも都市奪還のミッション達成を目指す
一人一人、個々のミッション達成意識の高さがチームの性能を高めている例です。

宇宙人の無人攻撃機は、ダサいデザインですが統制システムにより戦闘能力が高い
さすが、遠方からわざわざ地球までやって来る宇宙人ですから強くないとね
攻め入る側が簡単に撃退されては・・身の程知らずで終わってしまうしw

これほど短時間に制圧された理由は、米軍の初動の判断ミスが原因・・
隕石などは数ヶ月前から予測可能だが、宇宙人は、地震の様に突然やって来た。

▼福島の原発事故も、初動のミスが、地球始まって以来の大事故に発展中
横浜市で発見されたストロンチウム他が、都内にも点在している事は確実
半年が経過しても、姿が見えない敵に攻め入られ、宇宙人襲来に近い状況?
★自分達が認識できない(inVisible)敵と、戦わなければならない私達です。

▽初めて遭遇する敵と戦うときは、対処方法も分からない状態です、
そんな時は、一人一人の、個々のミッション達成意識がポイントに成ります。

▽会社も同じですね、能力の差は別に、個々のミッション達成意識が重要
 特に自社が劣勢にいるときの社員の意識の低下は組織にとって最悪
・この会社にいても大丈夫かな?(30%低下)
・リーダー(経営陣)は何を考えているんだ(40%低下)
・自分達の将来をどう考えているんだ!(30%低下)
・会社に浮上案(援軍)はないの?(20%低下)

ますます、会社への不安と不満が蓄積していきます。

ミッション達成意識を高めるのは、リーダーからのミッション指示の与え方次第
ビジョンと戦略のないミッション指示では、折角の戦力も活かしきれません。
この映画の中でも、リーダーの重要さを示すシーンが明快に表現されています。

リストラ等を行った際には、特に、リーダーの存在と指示方法がポイントです。
社員のメンタル面を配慮しながら、進むべき道と戦術を明確に示します。

自社の将来を考えるのは、役割が異なるだけで経営者も社員も同じ、
個々が、ミッション達成への意識を高く保ち、それを持続する事が大切です。
発想のネタ探し > CONCEPT DESIGN | - | -

引き寄せが冴える・・・念願の南相馬市にも繫がって・・行った

8月勝負で必至に動いてきましたが、スキームが反応してくれずに9月に突入
案件だけが増えた感じでした。

嵐の中の富士山登山が無かったら、体感的に記憶する出来事がない状態でした。
富士山登頂成功は、取り合えず8月の充実感に貢献した・・良かった(笑)

9月も、案件のクロージング処理を急ぐべく、接点創造を続けるが・・
あっという間に30日が過ぎ去ってしまった・・
夏から秋は早いと言うが・・本当に9月って30日間あったの?(笑)
そう思う位、進捗なる変化(EVENT)が無かった月でした。

案件を進めていくと、そこで新たな人に出会い、新たな相談事が発生します
思い立って、推進案件(スキーム)を整理してみた所・・・18件

ビジネスはキャッチボールと同じなので、1人で騒いでいても始まらない
相手にも、早めにボールを投げ返して欲しい・・・要求も必要です。
キャッチボールは2人じゃなくて、3人でボールを廻すケースもあるし(笑)
☆絶対に自身がボールを持ち続けるという、怠慢行動は排除する!

一段でも上に登るために、状況を見極めたエビデンスを積み上げるしかない

で・・10月に入ると、ムム何か違う気配(写真は、猿の惑星Genesisから)
kizuki気配に気付くって有りますね。
周辺が動き始めた、自分をその流れに同期させる。
タイムリーなエビデンスの作り込みに専念・集中!
周辺が動くとクロージングの確度が高まる(経験則)

▽そんな中で、念願の被災地の南相馬市にいく機会が訪れた・・
ずっと、”自分でできるお役立ち”と考えていました。

前日に、事業接点者が明日福島の現場に行くと言ったので・・
間髪いれずに、「連れて行って」と言って決まり。

翌朝、新幹線に乗り遅れないように、いつもより1時間以上早めに起きた
遅れると途中駅で待ち合わせているメルセデスV12に同乗出来ないので・・

常磐道が使えないので、東北道で福島西で降りて、川俣町からは12号線に乗り、
飯館村を通って南相馬の原村に向かいました。
南相馬
約3時間半のドライブで現地に到着
ここは高台で、遠方に海が見えます。
赤丸(写真拡大)は、東北電力の原町火力発電所
この撮影場所は、火力発電所を建設したときに
工事瓦礫を運んで埋め立てて整備された場所らしい

今回、南相馬でのお手伝いは、身元不明被災者の仏をともらう寺院の建設支援
現実的な生活基盤の復活と共に、心の支えとなる家族や知人を失った方々の
心を少しでも和らげることができればと思い、お手伝いをしています。

私は、寺の運営などに関与するわけでは有りませんが、建設までの財務支援等、
間接的なをお手伝いを考えています。

寺院敷地紹介頂いた方が、親父の墓のある寺を御存知で、
親父の縁でお手伝いを引き受けました。

ここ南相馬市原町は、最近、避難解除地域に成りました。
原発は収束しておらず、まだ、油断ができませんが、
自身ができることでのお手伝いに不安は有りません。

被災された海を見晴らす場所に建立する意味は大きいと思っています。
(写真は、寺の執行役員総務部長のSさんと私)
発想のネタ探し > CONCEPT DESIGN | - | -

スティーブ・ジョブズ・・・・彼からの気付きは「接点創造」と

スティーブ・ジョブズの死であらためて考えてみた・・・今の自分

地球はジョブズ氏をなくした、
彼の残したものは、様々に評価されていますが・・・世界を変えた。
では、世界の何を変えたの? 考えると沢山の「気付き」が得られます。

私は、ジョブズ氏の講演は開発者会議で何度か聞いていますが、
お会いしたのはタッタ一度だけ、彼が設立したNext Computer, Incの時
私のジョブズ氏への印象は「ヒューマンインタフェース」に超こだわった人でした。

私とアップルとの関わりは、アップルが始めて開催したMultimedia Conference でApple Multimedia Labの可愛い女の子Megan(?)に会って、Human Interface 部門の方々や、Fellow のBill Atkinsonさんとかを気軽に紹介して頂きました。
彼女は、一時、アップルコンピュータジャパンにもいて、前後は忘れましたがGeneral Magic社に移りました、「Human Interface」技術指向でしたね。

更に、米国駐在から戻ると、産声を上げ始めたCD-ROM、CD-iの事業化に突入
cdsc電通さんやNHKさんを巻き込んで(笑)
6000万円で50枚の世界初ISO9660ディスクを制作
このなかの一枚を、Apple初CD-ROMを開発していた
エンジニアにReference Discとして無償提供。
お礼に、完成した初号機を戴きました。(写真)


話は飛びましたが、ジョブズ氏からレクチャを受けたNeXTですが、
OSのベースはUNIX、開発環境のSDKなどは画期的でした。
このOSが、現状のApple iOSのベースになっていると思います。
なんと言っても「Human Interface」を大切にしていた

その時に無意識に感じた「Human Interface」の面白さ・・人と機械の接点
その後、今日まで、意識的に「接点」の大切さを自分流に蓄積してきました。

想いを実現する為に先端のテクノロジは、完成を容易にしてくれます、
しかし、テクノロジを先に持っていくと、「完成したモノは味気ない」
使う人との「接点創造」が総ての普及させるキーワードだと考えています。

・前職を辞める前に作った「原子炉検査機」、内部処理はデジタルですが、
操作・表示にアナログを残した「Human Interface」、操作確認ミスを防いだ。
因みに、BWR系の発電所には納入していません。

・起業してゲームを沢山作りましたが、ゲームパッドと画面の動きの微妙な調整、
「Human Interface」の極限だと感じた(開発エンジニア達は凄い)


自分は、破天荒な人生を送ってきた事で多彩な経験を頂いたと思っています。
そこで見えてきたのが、人として感じる心「創造美」の大切さでした。
創造美とは、智慧を精一杯出して創り上げたものは、”総て美しい”

それに、加えてジョブズ氏から得た「接点創造」の大切さ・・・
それは、広い視野を持つ複眼”とんぼの眼”が必要だと言うことでした。
以来、無から有を創るコンセプト・デザイナーの道を歩いています。

今では、高い位置から、広い視野でものごとを見て、考える癖が付きました。
そうしないと、画期的な「接点創造」なんてできやしません。

ちょっと行き過ぎたところもあるのか・・
元大蔵の知人から「大きなスキームにしないで・・」と小言を言われます。(笑)
いま、日本を元気にする「エコシステム」の仕込みをお手伝いしていますが、
大企業が中心の元気構想は画期的でなくては・・スキームが大きくなる傾向有り

そんなエコシステムの創造構築の過程で・・・ピークを過ぎた自分の代わりに
ジョブズ氏の様にはいかないまでも、類似の思考ができる人材を育てたい。
それには、高い創造力+「とんぼの眼」能力を持った人と出会わないと・・

最低条件として、海外生活を一度はして、グローバルな視野を広げて欲しい
鍋の中だけで議論していても・・画期的な仕組みは創れないから・・
発想のネタ探し > CONCEPT DESIGN | - | -
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< October 2011 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other