Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

年末散歩でたっぷり歩いて・・タラバ蟹をゲット

いよいよ、2008年も終わるのかぁ〜

突如!運動不足を解消することもあって、散歩に出かけました。

スタートは、電車で溜池山王駅まで行きました。
103613時30分 赤坂の日枝神社
ここは、乃木坂に居たころ、よく散歩で来てました。

境内は、初詣の準備をしていました
普通、神社の入口にいる狛犬ですが、
日枝神社では、なんと狛猿がいます。



昇殿には、ホールが有って、中に入って参拝できることもできます。
でも、初詣期間中は、中に入れないようです。

日枝神社から、首相官邸方向に階段を降りて国会議事堂に向かいます。
1042
日枝神社から、建設中のホテルの横を通り
警戒の厳しい、首相官邸の横の坂道を昇っていきます。
衆議院議員会館から国会議事堂の裏側にでます・・・

13時54分 国会前交差点からの写真
議事堂の横は、赤坂サカスでしょうか
両方の建物の間に、UFO?

国会議事堂の国会前の交差点からお濠に沿って桜田門に向かい
1052桜田門から皇居前広場に入りました。

14時12分 皇居前の広場です。
新春、一般参賀に向けてテントが沢山
訪れているのは、海外からの観光客ばかり
さすがに、年末30日・・日本は師走ですから

広場から、皇居外苑を抜けて楠正成像の広場へ
1059ここの店(閉店でした)の販売機でアイスを買って一休み
何度も来ているので、ごみ箱の位置まで熟知・・・

ここから、パレスホテルの大噴水に向かって歩きます。
更に、日比谷通りを大手町に沿って歩き
銀行街を通り抜けると、高速道が見えてきます。

14時55分 神田橋で見つけた寒桜

ここから、更に、歩くと靖国通りと交差する、小川町交差点に
本郷通りに名が変わり、更に歩くとニコライ堂が有って聖橋(お茶の水)
1063聖橋を渡って、湯島聖堂を右に見て、
突きあたりを右に進むと神田明神の参道です。

15時23分 神田明神境内
初詣用?の大きな賽銭箱が出来てました。
大きなテントも準備していました。
そんな中でも、明神さまには、ひっきりなしに参拝者が・・・


神田明神を裏に降りて、右に歩くと秋葉原です。

秋葉原のジャンク通りを・・普段は、掘り出し物を探しますが、
今日は、疲れ気味で、その気が湧いてきませんね
この周辺は、メイド系のお店も多数⇒クリックでマップ
お腹が減ったので、カレーショップ(ラホール)でビーフカレーを食べて

元気が出たので、更に、歩いて、正月の食材を求めてアメ横に・・・
1064案の定、大混雑のアメ横・・・

写真の7000円のタラバ蟹が、2000円でゲット
5000円の大トロが、1000円でゲット
でしたが・・・そもそも表示価格が??だからなァ〜
多少は、安かったのかも知れません。

年末の午後、よく歩きました。
ゲットしたタラバ蟹と大トロが楽しみです。
発想のネタ探し | - | -

2009年ビジネスダイアリーを準備しないと・・・

新しいビジネスダイアリーを準備する時期に成りましたね。
朝のFM放送で、ビジネスダイアリーについて紹介していたので・・・
そうだ、と思い立って・・・買いに行ってきました。

皆さんも、何らかのダイアリーを使われていると思いますが、
私は、1978年から、今日まで、毎日、行動日記をつけています。
既に、30年間書き続けているので、完璧に習慣になっていますね。

ダイアリーの良さは
1)過去を簡単に振り返れる
2)各プロジェクトの進捗状況がダイヤリーからでも把握し易い
3)毎日の成果と次なる目標を書く為、モチベーションを維持できる

dp私の場合は、何時に何処で誰と会って、
何を話したまで書いています。
業務日誌とプライベートを分けていません
理由は、
心の変化と業務の因果関係が、
自身で客観視できるからです。

ダイヤリーを書くようになったきっかけは・・・
マルチにプロジェクトを担当していたので、自分の頭を整理する目的でしたが
しかし、決定的と成ったのは・・・
米国駐在後に、身に憶えのないことで、開発製品に関する訴えを受けました。
上司とロスアンゼルスまで飛んで、米国の弁護士との打ち合わせの席で、
私のこれまでの動きを、時系列に整理して、提出してほしいと言われたことからです。
☆日々の動きをすべてメモして置くことは、後日の説明で、論理性が明確になるからです。

因みに、わたしのお気に入りビジネスダイアリーは、
ここ数年、
Desk Planne
博文館新社製、ゴールドのDesk Plannerです。
乃木坂に住んでいる時に、TBSの前にある
国際新赤坂ビルの本屋さんで見つけました・・
来年の2009年版は、
銀座のハンズに行きましたが・・発見できませんでした
調べて戴いたところ、渋谷のハンズに在庫が有りましたので・・・
早速行って、ゲットしてきました。

ずっと、書き続けていると流れが切れていないので
先日も、10数年ぶりに出会った知人と、なんのためらいもなく会話できました。
これまでのダイアリーには、2万人以上の人との話が書かれています。

皆さんに、「人脈が幅広いなァ〜」と言われますが・・
単純に、縁を大切に、ジックリと継続しているからだと思います。
発想のネタ探し | - | -

ググッときたデカプリオの”Body of Lies”

公開中の”Body of Lies”・・ググッときました。
日本では、ワールド・オブ・ライズ


bolまさに死を背負った職業
戦争に派遣される兵士たちも、
死を意識しなければならないとは思うが
それをはるかに超えた意思のもとに活動する業務


それも、上司のエド・ホフマン(ラッセル・クロウ)が、遠く離れた安全な場所から
子供たちと普通の生活をしながら・・生死の命令を出していることが・・怖い
今、戦場から遠く離れた場所から無線操縦された攻撃機が戦争をする時代
技術的には、判らなくはないが・・・

凄いの一言だ
この映画、非常にリアル
『アメリカン・ギャングスター』のリドリー・スコット監督らしい表現
まさに地球の裏側で起きている気がする緊張感が得られる

BOL頭脳戦で相手をハメル為には手段を選ばず・・・
ハメタつもりがハメられて
一部の生死は道具のように扱う
恐ろしい目的達成への非情な判断
これも人間の持つ一面なのだろうか?
状況下においては・・・ねばならないのか

(写真は、サテライトからの遠隔監視映像・・これがこの映画のリアル感を演出)

最近、自分の心理を客観視する訓練をしている私ですが・・
帰りの電車で、脳ミソが非情な人間に刷り込まれた気がして・・すら恐ろしくなった。

そういう意味で、久々に観た凄い映画でした。
精神状態を保っているときに、是非、観て下さい。(笑)
デカプリオは、「ブラッドダイアモンド」のイメージもあり・・適役ですね。
発想のネタ探し | - | -

不況期、凄い開発力を、効果的に活かすには・・・

家電など、製造メーカーの製品開発力は凄い・・・でも不況感が満々

皆さん、ご存知の、静粛性を売りにした掃除機の話から・・・
一般製品より2倍以上”お高い”、セレブ系掃除機のこと

運転時の騒音レベルが、静かな事務所レベルと言われる
50デシベルを切っています。
その昔、乗用車の室内騒音レベルにおいて、50デシベルを切ることが高級車の証でした。
因みに、あの有名な、いつまでも性能が落ちない掃除機は、70デシベルです。
メーカ各社の開発者の、絶え間ない研究の積み重ねが静粛性を実現しています。

テレビにおいても、SONYのTV宣伝が「世界初」の技術を伝えていますが、
それがそのまま、売り上げの拡大に寄与するかがポイントです。

SONY薄型テレビの矢沢さんコメント”世界初”で考えると、
モーション制御が2倍速から4倍速に、薄さは他社と比較して僅か数ミリ
技術者的には凄さが実感できますが、素人目には判りにくい差ですね。
折角の、最高の技術の結晶もタイミングを外すと、効果も半減します。

企業側都合(タイミング)の新製品に、消費者は最近余り反応しません。
それは、別に、家電製品に限っていません。
では、どうすれば?

消費者の”満足実感のポジション”をキャッチしないと・・
イケイケの社会状況ではないので、高性能的キャッチでは効き目が薄いようです

政治家以外の多くの人は、世間の空気を読んで行動してしまうので、
不況! 省エネ(エコ)! 地球環境!のキーワードが潜在意識に刷り込まれて・・・

今回、不況の波が直撃された方々は、現実が大変な状況と思います。
しかし、直撃されなかった業界の人は?
勿論、会社の交際費、会議費等、経費の抑制はされるでしょうが、
実は、個人的に、なんも変わってないので・・個人消費も変わらず・・・
でも、空気を読んで、不況型基準での消費判断をしているようです。

ここは、技術の見せ方を、不況型、エコ型、環境型で行きましょう。
発想のネタ探し | - | -

「地球が静止する日」をきっかけに、パラダイムをシフト

必要以上に将来への閉塞感が感じられる、今日、このごろ
こんな時こそ、国は、新しい事業チャレンジに資金を投入すべきです。
テーマを、「地球持続関連事業」に絞って審査すれば良い

多少新しい雇用の創出にも貢献するし・・
でも、職域でのマッチングが出来ない可能性が出てくるかも・・
今は、働く側にとっても、仕事の内容が問題でしょうから

直近では、雇用問題も凄く大切ですが、
子どもたちが地球に住めなくなっては・・・

いま、公開中の「地球が静止する日」は、
確か、1951年の「The Earth Stood Still」のリメイク版ですね。

オリジナル版では、円盤で現れて、警告としてエネルギー活動を30分止めてます。
目的は、地球人の宇宙侵攻を抑制しています。

58年を経て、今作品は、何でも食べちゃう昆虫が・・・増殖!
ESSマトリックスのキアヌ・リーブス
とジェニファー・コネリーが出演していますが、
マトリックスの続編ではないようで・・・
(勿論、ご存知でしたね)

球体で現れて、(最初の山のシーンは?人のDNAの採取の意味?かな)
警告として、やはり、エネルギーを一時停止させています。

Earth自身の地球環境も守れない、
自分勝手な地球人類から、
地球の貴重な生物を守りに来た?
人類が滅びれば、
地球は維持できる・・・考えらしい。

まさに、「地球の持続を考えろ」とのメッセージですが・・


この映画を制作したのが、京都議定書を批准しない米国だから
???ですね。
(写真は、昨年7月13日の台風を捉えた:digital-typhoon.org)

ガソリンをがぶ飲みの車作りが否定されて、ビッグ3が苦境に立つ、今
これまで以上に、環境技術が必要とされるでしょう。

地球持続への大規模な環境再生技術開発プロジェクトをスタート

☆日本発で、パラダイムをシフトさせましょう。
日本が、環境技術で世界を引っ張って行けるよう、国は、資金を集中するべきだ〜

☆将来を読める、指導者たちの誕生を願うばかり・・・変人の私でも判ります。
2009年から始めれば・・・まだ、間に合うかも
発想のネタ探し | - | -

市場開拓的BLUE OCEANへの心

先週は、出張から戻り、何かと忙しい日々が続く1週間となりまして、
ブログの更新もままならないドタバタ週となりました。

そんな中で、ある半導体関連企業の社内勉強会?で、
「Xさんは、変った人だから・・皆に話を聞かせたい・・」とのがきっかけで
お時間を頂いて、市場創造への持論をお話させて戴きました。
社内勉強会らしく、
慶応大学の晴山先生らが大学の研究内容についてお話されていました。

そんな中で、
私のテーマは、「市場開拓的BLUE OCEAN」

1)一般的な、Blue Ocean Strategy とは
競争の激しい既存市場を「レッド・オーシャン(赤い海)」とし、
競争のない未開拓市場が「ブルー・オーシャン」とした
「経営戦略論 」
W・チャン・キム と レネ・モボルニュの著書で

ブルー・オーシャン戦略では、
低コストと顧客にとっての高付加価値は両立し得ると主張しています。

2)IMの考えるBlue Ocean とは
・競争のない市場創り (advanced ONLY ONE)
・未踏の場所
・発見して公表した途端に、皆が目指す羨望の市場
・説明が簡単で、聞くと腑に落ちる内容であること

一方で、 Blue Ocean と勘違いした Dark Ocean
・独りよがりの孤島を死守している
・思い込みの色メガネが外せないでいる
・複雑で、他の人が聞いても腑に落ちないのはNG

3)Blue Ocean はどこにある?
パラダイムシフトの先に有ります。
⇒新興(先端)市場の極めて近く
 一定の先駆者が気付く・・その手前です。

その実は、現市場の裏側に有ります。
実は、目の前に在るのにOwn(思い込み)メガネで見えてない。

4)どうしたら見つかる? Blue Ocean
・複眼思考
・・・一点だけを見ずに「全体知」で考えることです。
・直感優先主義
・・・過去の思い込みを捨てて、素直に直感に従う考え方のこと

その為には・・・
自身の思い込み度の発見
(物事が上手くいっていると、それに依存した思考を優先することが多い)
自分を見つめて、自身への客観視感を磨きます
(反対意見を言う他人になって考える訓練)

5)Blue Ocean 発見への心
IM万人の持つ創造力を発揮すればいい
⇒創造力=経験+チャレンジ力

具現化力を鍛えること
勿論、モノを作り出していく経験は大切ですが・・・更に!
⇒一人では無理、多彩な仲間を増やせ・・・縁に感謝して人に接すること


自身へのリスクは、喜んで取ること
⇒失うモノって?・・・何かを考える。
幾らでもリカバリーはできるから・・・チャレンジしましょう。
失敗は、自身で掴んだ知恵だから・・・逆に喜べばいいんです。

大きな経済変動の2009年!
☆創造力200%で 世の中に少し貢献して、金を稼ごう!!(気持ちが大切)
発想のネタ探し | - | -

クイーンズランドは世界不況でも活況?

久々に、豪州クイーンズランドを訪問しています。
ブリスベン空港に着いた昨日は、雨で寒い日でした。
今日も、雨模様の曇りです。
遊べないから、せいぜい天気だけでも夏が欲しいです。

飛行機は、勿論、エコノミーですから・・隣に人が居ると寝られませんね。
それで、朝7時15分について、レンタカーを借りるのに40分以上待って、
眠いから、立って待っているのもしんどいです。

更に、日本では、出発前に完了しているべき契約事項ができなくて、
先方には迷惑をかけてしまっています。
100年に一度の世界不況に、多少は影響されているのでしょうが、
とにかく、頑張って、解決に努めることしか選択肢は有りませんから…
胸になにかが突き刺さった状態での、海外出張は更にしんどいです。

とにかく、空港で車を借りて、
客先に向かいましたが、ぼっとしていたのか?
工事個所の多いモーターウェイM1で、出口を見逃したらしく10Km以上走って・・
あれれ、出口の通り名がまだ出てこない。
車にナビはついてないし、地図はないし、客先に電話して行き過ぎを確認
戻って走ったが、また、間違えて行き過ぎた・・・最低

なんとかついたが、へとへと・・水を一杯戴いて
会議室に入ったらいきなりスタート
現状問題点の確認と対処法を協議、これが、英語だし、難しい技術話だし
疲れて眠いので頭に入らない・・

2時間ぐらい話して、どうにも、頭に整理がつかないので
すいません、30分程度時間下さい。
hilton一人でハンバーガーでも食べに行ってきますと伝えて・・
街の皆さんの動きは、
不景気前と変わらず・・ニコニコしている。
クイーンズランドは世界不況でも活況かな
オーストラリア・ドルは、リーマンショック以前は、
100円程度でありましたが、
成田空港で両替すると、70円程度でした。

(写真は、ゴールドコーストに建設中のHILTONホテルとレジデンス)

超高層、レジデンスの開発の音は止まないようで・・・
sole
やはり、観光地は強しでしょうか
ここは、セレブの避寒地リゾートとして
ブランドがあるので・・やっていけてるのか?

資源と観光のクイーンズランドは世界不況でも活況?

(写真は、ゴールドコーストに建設中のSOULレジデンス)

厳しい世界経済の中で、
ここからは、感性を求めてくる成熟社会での不況ゆえ、
ブランドも含めて特長ある、商品や、サービスを徹底しなければ、
これまでのように、
慣性でビジネスをしていくことを、経済は受け入れてくれないのかも知れません。
- | - | -

権利放棄で始まるパラダイムシフト

今日は、天気が良さそうだ
久しぶりに、鎌倉に向かった

鎌倉山二丁目の一角にある個人邸から、160度のひろ〜い海を眺める
目を左右に振れば、紅葉した山々が目に飛び込んでくる

☆心が晴れる・・素晴らしく贅沢な絶景である。

長谷寺に行ってみる、すごい、大混雑
Hase圧巻の十一面観音像様を参拝
写真は撮れないので⇒ここから
記憶の中では、初めて見た大きな木像観音さまです。

観音堂を出て、右には大人気の”大黒天”さま
さらに右に行くと、山に登る散策路が
そこで・・・見つけました。
可愛い3体の仏像さま

1円、5円のお賽銭の中で、唯一の50円が、私のお納めです。(左の右上)

長谷寺の境内にある長谷寺弁天窟に
Hase2中に入ると美しい(暗くてわかんない)弁天さまと
それぞれの役目を持った童子さま達が鎮座する

更に、低い天井の洞窟を入っていくと
この写真の、ちっちゃな仏像を奉納する所に
いやはや、皆さん、ムリクリ納めていますね
これで、ご利益をと言っても、どうでしょうか?


長谷寺から、江ノ電の長谷駅に戻る方向に歩いて8分ほどでT字路
Kokuuzouそこを右に2分ぐらいで
虚空蔵菩薩さまの虚空蔵堂
アイデアを駆使する商売ゆえ
智慧を授かる虚空蔵さまを参拝しない訳には・・・

ここの、虚空蔵菩薩さまは
「日本三虚空蔵」の一体で貴重なお仏像とか
仏像盗賊がいることで警戒が厳重・・過ぎる。

虚空蔵菩薩さまと目を合わせた途端、「お言葉を頂いた」(信じがたい?)
「ふふっ」・・・ですよね。

こんな感じで、晴天の鎌倉を楽しんだ、私ですが・・・
長谷寺に参拝している大勢の方々を見て
また、しばしば浅草寺にて参拝する大勢の方々を見て
如何に多くの人が、愛と美を求めているかが判りました。

今年は、偽装、疑惑、詐欺など・・・人の普遍的意識を逆なでする事ばかり
その反動で、美しいものを求め、何かに包まれる愛を求めるのかな・・と感じました。
人は、ぶれると、それを立て直す方向が働くことから?でしょうか?

2009年は、不況風を受けて財布の紐を締めつつ、
愛と美を求める年になるのかなァ
個性が有って〜の+お得感を満足させる”モノ”や”コト”が流行るかもね。

これまでの既得権を捨てていく覚悟も、求められるかも知れません。
権利放棄で始まるのが、パラダイムのシフトですから・・

来年は、沢山のパラダイム交換の年に成ると感じています。
今あるルールや規範が、世の動きに合っているか?要チェックです。
発想のネタ探し | - | -
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< December 2008 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other