Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

Google Earth に感動!地球再発見

あーぁっ感動した。
皆さんは、体験しましたか?

Google Earthは、凄い!
自宅、学生時代のアパート、小学校…懐かしい〜
20年前に住んでいたカリフォルニアのコンドミニアム…懐かしい〜
24歳記念で初めて行ったロンドンのHAMPTON COURT(美しい公園)
X年前、パリの密会ホテル…懐かしい〜
中国の滞在ホテルと会社のビル…
北朝鮮のミサイル発射台…(冗談、見えませんがなァ〜)

ここまで見えると、記憶がスーッと湧き上がってくるね。
地球再発見です。

一番、驚いたことは、日本海溝がリアルに見えること!

体験したい?⇒ここをクリックしてアプリをDownload
発想のネタ探し | - | -

公的機関のネットセキュリティは運用ポリシーが肝

ますます広がる公的機関の電子化(ネット化)ですが、
公的機関のネットセキュリティはどうなの?

システム機器のネットセキュリティは?
それよりも、いまだに改善できないWinnyによる情報漏えい問題の方が
問題であると考えています。
参考:Winnny被害⇒こちら

上記の被害リストの通り、公的機関では、いまだに被害が止まりません。
Winnyをインストールした個人パソコンへの業務情報持出し
いまだに許可しているのですか?
公的機関に見られる根本的弱点と考えられます。
⇒この無責任構造へのICTソルーションビジネスを考えましょう。

★インターネットの世界では自分のパソコンは、数億人の人達と席がお隣です。
楽しく便利なネット社会を作りましょう。
発想のネタ探し > 地域活性化と再生可能エネルギー | - | -

国の重点施策では見えないですね

総務省は、平成17年度重点施策の中で、
以下のように定義している。

3.「電子政府・電子自治体の推進」
(2)電子自治体の推進
公的個人認証サービスの新たな活用方策を検討するとともに、その利便性等を向上させる方策の研究を推進するほか、住民基本台帳ネットワークについて、引き続きセキュリティの確保を図りながら、住民基本台帳カードの普及を推進する。
・電子自治体業務の標準化・共同化により、ICTを活用した業務改革を推進するとともに、組織全体を通じた業務の最適化を図る設計方法による電子自治体のシステム構築を推進する。
・バリアフリーの視点も含め、ICTを活用した地方行政への広範な住民参画を促進する。
・霞が関WANと総合行政ネットワーク(LGWAN)の活用により、国・地方を通じた業務の効率化を推進する。

以上の通りですが、
これでは、地方の姿は見えてきませんね。
ただ、”住民参画を促進”と有ります。…ここがポイントです。

これまで、行政の電子化は「ペーパーレス」へのトレンドでした。
処理する機器も大型のコンピュータシステムを導入してきました。
⇒これを、
インターネットの普及に合せ、住民が参加したシステムに変化して行くのです。⇒業務の一部を住民が直接行うことで業務効率を上げ、費用の削減を目指します。
「住民参加システム」の構築
⇒更に、大型のコンピュータシステムの共同運用もひとつの方向ですが、フットワークの良いサーバに置き換えることで、変化に対応するスピードとコストを大きく改善させることも考慮に入れるべきでしょうね。

見えてきましたか?
発想のネタ探し > 地域活性化と再生可能エネルギー | - | -

91%が自治体の存続に不安

「91%が自治体の存続に不安」の記事を見て

『少子高齢化や厳しい財政事情を背景に、全国の市区町村長の91%が自治体の存続に不安を感じていることが二十三日、共同通信社が中国新聞社など加盟新聞社と協力して行ったアンケートで分かった。』7/24

△1996年に京都市で地域活性のお手伝いをさせて戴いた以降、
デジタルネットーワーク技術と融合した、地方自治体向けのコンセプトデザインをさせて戴いていますが、根付かせる事の難しさも痛感しています。
あれから10年余で、危機感は全国に広がりました。

▽国の資金を得て、都会の大手SIerの方々が勧めてこられた施策では改善できないことが改めて、現実として数字で明らかになりました。

★何度もお伝えしているが、他県の成功例は参考にならないと言うことです。
都会の大手SIerは、「情報過多」で「当店都合視点」がまだ多く残り
地方の分析(方法)が足りないと考えています。
では、地方の地場企業から独創的なアイデアを?と言えば、情報力から現実的ではありません、それよりも地場企業の方々はメインプレーヤで施策を根付かせる大切な役目を持っています。

INFINI MAGICは、大手SIerとのコラボレーションを進めています。
それは、大手SIerの蓄積技術力を含めた総合力が不可欠であるからです。
INFINI MAGICは、独自の方法で地元を分析しコンセプトのデザインを行うことが業務です。

以後、電子自治体と地域活性についてヒント記事を書いていきます。
発想のネタ探し > 地域活性化と再生可能エネルギー | - | -

人にレッテルを貼らないで

コンセプトをデザインする上で、市場、技術、地域環境、関わる人等など考慮すべくいくつかのファクターが有ります。

そのなかで、関わる人については、恩恵を受ける人、困る人を考えて、更にそれぞれが、どのような恩恵が授受できるのか、どのように困るのか、その大きさと長さ(時間)を考えて行きますが、そこで、相手にレッテルを貼ってしまうと、後で思わぬ落とし穴ができますし信頼関係も作り出せませんね。特に他人の話を鵜呑みにしてレッテルを貼ってしまった場合は、最悪の結果が待っています。

人にレッテルを貼ることが得意な人がいます、その人がこれまた表面上人気者であることも多いのです。遠慮なくずけずけ人にレッテルを貼っていくさまに、間違った憧れが生まれるのだと思いますが?…
それがタレントや漫才師であれば商売だからで話が済みますが、企業のプロジェクトであれば、そのレッテル屋に対しても信頼関係を築くことは難しいでしょう。

★ここで言うレッテルとは、初対面レッテルの話です。(第一印象の事)
★初対面レッテルを貼ってしまうことは判断を誤る原因です。

お酒のビンにお酢が入っていても飲んでしまうこと、想像できますね。

ある人に初対面レッテルを貼るケースを考えると、自分に対しての行動から決定しています。|拗錣靴討た、▲疋織ャン、O⇒蹈潺后↓ぐЩ△了妬、ド装、準備不足(資料の不備)、Р餤弔覆匹凌覆疂、┐覆砲欧覆げ駭辰笋靴阿機‥等
 銑イ蓮△△覆燭鵬颪α阿旅堝阿見えていないので一概に判断できませんね。
Α銑Г蓮経験のなさか能力の問題ですから、以降で改善できますね。
┐蓮直感で感じ取れるものですから大切な情報です。

何事も、人との関係は、今、そしてこれからの行動が大切です。
これは、過去が良いから全てOKではないことも合わせて言っています。

初対面レッテルを貼らずに相手をしっかり見つめて、プロジェクトを成功させて下さい。
発想のネタ探し > CONCEPT DESIGN | - | -

Google Mac & Google Linux & Google BSD

皆さんご存知のGoogleサイト

トピック毎の検索ができます。

Google Mac
Google-mac.gif


Google Linux
Google-linux.gif


Google BSD
Google-bsd.gif
発想のネタ探し | - | -

米国もGlobal warming(温暖化)が気になってきた?

CO2削減目標なんて知らん…と宇宙人のようなことを言っていた米国政府

ここにきて、「ムムッ」こりゃこのままじゃ〜いかんかも。
「我々の大地も、地球の上にあったかも !」の感じでしょうか?
少しずつ理解されてきていますが、そのImpact は弱いものです。

米国EPAのサイトは⇒こちらから

One Worldのサイト「温暖化の認識論」は⇒こちらから
- | - | -

選択の自由

人間には、「選択の自由」が与えられています。
だから迷いも生まれます。

私には選択の自由なんてないじゃんか!(と言う人)
いつも、「親に言われて」、「上司に言われて」…しぶしぶ決めた。
★それは、自身に選択の自由があるけれど、他人が示す選択をしただけです。
(社内や社会のルールは規律ですから選択の対象にありません)

何れの選択をしても、その「結果」は、全て自分に返ってきます。
△ここが、考えなければならない所です。

すべての行動の「原因」とそれから得られる「結果」は、全て自分自身が選択し決めている事実なのです。

「あの時、ああしておけば…」、
他人があなたの行動の選択をしても、その結果はあなたの現実として返ってきます、行動の選択をした他人の現実にはならないのです。
所謂、他人事なんです。

株やファンドの購入時に迷っていると、担当者は「最終的にはお客様の選択で…」
当たり前の話です、所謂、他人事ですから。

マイナスの「結果」が嫌だ!と思うなら、株式売買は厳しいです。
株式売買は、一時的に損をしても楽しみながらやることで成立します。
投資を楽しめる人は選択を楽しむことができる人です。
お金を増やそうとだけ考える人の損は数倍の力で襲ってきます。

かといって、年利0.1%程度の銀行にお金を預けることも納得いきませんね。
1万円を友達に貸して、1ヶ月後、お礼に1000円のランチをご馳走になった方が10%の利率で得です。

人生「選択は自由」です。
後悔しない選択をしましょう。
心理?を考えて見る | - | -
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< July 2006 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other