Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

売れるAIロボットって?を考えてみた

ロボット市場は、これから急激に伸びていきます。
理由は、競合市場がない事です、強いて言えばゲーム機や高性能スマホ
機械と人がコミュニケーションをとる装置市場です。

以下は、5年前の2013年7月経産省が公表した数値です。
ロボット市場これが、最近の2017年の調査では・・
約200%UPの数値が予測されていますし、
オリンピックの2020年まで曲線は更に急激に
世界の方々に、日本の技術を見て頂く事と共に
インバウンドへの対応策になると考えられています。

2020年には、現状の6倍の2兆円の右肩上がり市場が期待されてます。
(上のコメント行が右肩下がりになっちゃてる(笑))

日本では沢山のコミュニケーションロボットがデビューしています。
コミュニケーションロボット
この中で知名度は、圧倒的に「PEPPER」
次に、シャープの「ROBOHON」
プロ的には、「NAO」ですかね
NAO以外は、大量のプロモーションが影響してる
他のロボット達は、現状、大きく売れないとの
予想から広告宣伝に資金が投下されていません。

(ロボットスタート社の資料から)

人寄せ効果を考慮できる企業利用は別にして、
10万円以上もする装置を、個人が購入するには、
費用対保有満足度=機能+人に自慢できる要素+形状+背中を押す宣伝

宣伝と独自機能は超重要です
人に見せた時に「おお、アレだ、TVで観たよ」が保有欲を充します。
その時に、”一発芸的な”機能を持っていないと、注目が続かない
ただしゃべるだけでは、5000円のスマートスピーカーが有るし

では、発売数を絞っていて、なかなか買えないソニーの「aibo」
SONY aibo部品不足で生産が間に合わない?の理由?
「天下のソニーが有り得ない」
そんな事業計画だったら社内プレゼン通らないでしょ。
意識的に販売量を抑え人気を維持する(販売戦略)

とは言え、20万円近い装置が売れる理由が有ります。
1)愛玩対象の犬だからが一番
2)形状デザインが可愛い
3)進化を止めない考え方

1)”犬であるメリット”は、
  下手な言葉を話さず、言うことを無視しても可愛いと思ってくれる
  論理性が必要な会話でなく、曖昧が心地いい”仕草”を売りにしている事
  今、持ち主の命令や要望をパーフェクトに対応できるAIなどありません
  時に、正確な応答ができないケースが出てしまいます。
  超大企業のGoogleやAppleの自然会話機能でさえ、あの程度、
  下手に 「対話できます”」的な機能を売りにするのは命取りです。
  期待のハードルが上がってしまうので落胆も大きくなり不信感に繋がる。

2)”形状が可愛い”は、とても大切です。
  手元にある時に、飽きのこない形状と質感は重要
  ここは、ソニーのプロダクトデザイナーの素晴らしいところ

3)”進化を止めない”は、売る側のご都合でもあります。
  言葉はカッコいいですが、不具合あれば直します的サービスです。
  ゲーム業界がネット販売になって助かっている事と同じです、
  多少の不具合があっても販売できる事、CD-ROMの時代なら回収ですから
  不具合やステージの難易度のデバッグは計り知れない時間とコストが必要
  「進化を止めません」の見切り売り法、経営側からは嬉しいトレンドです。

・・で、Animental Studio のAIロボットは?
mimi
1)形状は良いと思っています
デザイン的に、どこに置いても違和感がない
2)進化を止めない(やります)
独自機能を持ったアイデア・アプリを出し続ける
3)このロボット(calen mimi)の良さは
今は書けませんが、愛らしい演出ができる事


楽しく一緒に遊べる「エンタテイメントAIロボット」を目指します。
これまでにないアイデア(一発芸的)を蓄えてきてます・・お楽しみに

そして、一番重要な費用対保有満足度ですが・・・
五万円を切る価格=機能+人に自慢できる要素+形状+背中を押す宣伝
2020年までに、30,000台を販売・・15億円規模

calen project に、ご興味ある方は、ご連絡お待ちしています。
理由は、calen ecosystem を構築したいから
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)
Information
  • Search Keyword :
Calendar
<< April 2018 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other