Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

アミューズメントゲーム施設と e-sports 施設設置「どっち」

アミューズメント施設の整備の依頼がきて・・具現化調査開始

e-sports 施設に関しては、費用算定が非常に明快ですぐに完了
こちらは、他にも設置提案を強力に推進中

アミューズメントゲーム機(ゲームセンター用機器)については、
セガ、コナミ、ナムコの3大メーカにコンタクトしました・・
「うー〜ん、何か奥歯にものが挟まった感じ・・」(笑)

そこで感じた「アミューズメントゲーム業界は守戦状態?」

その理由:
1)新型ゲームの供給体制が保守的(メーカー、流通、運営)3体制
  殆ど限定生産打ち切り方式(笑)要するに追加生産無い
  中古も扱うゲーム機器流通業者が業界の中心にいるのかな
2)補充商品や通信課金で稼ぐモデルに傾倒
  特にクレーンゲームは開発費要らずで補充商品収益で安定
  この系のゲーム機器は通常生産し販路を探している感じ
3)新規のアカウント(取引)を好まない
  ゲームセンター倒産劇がトラウマになってるのかも

それを加速する理由:
・そもそもゲームセンターに行く人がいない(殆ど観光客)
・事業部から子会社化したことで経営基盤が弱くリスクに過敏
・性能向上で開発費が高額になったが販売台数が伸びない
・MOBA,e-sportsが台頭しアミューズメント機の先は暗いイメージ

しかし、上の理由たちは、我々にとってはどうでもいい話
我々は、客が求める楽しい体感を、どう実現するか?
「ここ一点です。」

お話を聞いて施設を調査している中で、色々学んだ、考えた(ふふ)
アミューズメントgame
写真左は、多くの差別化要素あり=唯一無二
写真右は、韓国製のVR=海外製品買えば良い
目玉は・・・
e-sports PRESENTATION 施設
VR Resorce+謎の専用機とのコラボ


とにかく、「楽しい体感の実現」に超加速だ!

発掘場所は、東京ビッグサイト「日本ものづくりワールド2018」(ふふ)
小スペースながら、「3D&バーチャルリアリティ展」も併設
心理?色々考えて見る | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other