Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

映画「WS ICE BREAK」挑戦、「Live by Night」深い愛

迫力満点「ワイルド・スピード ICE BREAK」でスケールの凄さに、”魂を燃やし”
冷酷ギャング映画「夜を生きる」で愛情の深さは”男の粋なんだ”(笑)
「何言ってんだ的な解釈ですが、僕にとっては刺激がありました」

まずは、「ワイルド・スピード ICE BREAK」

すごいスケールだな〜が最初の感想
ほとんどがCG合成かと思いますが、大量の車が壊されていく
駐車場ビルから、車が降ってくるのは凄い

注目のヒロインは、テロリストのサイファー役 Charlize Theron さん
ちょっと、年齢やせで以前の輝きは薄れていますがイイですね〜
1996年公開「2 Days in the Valley」、2006年公開「Æon Flux」でファンに
1998年公開「Celebrity」ここではスーパーモデル役を・・・


今回の劇中では、生き残っているので、次回作できっと出てくるね。
でも、100億円は下らない要塞機を失くしたのはもったいない(笑)

いろいろ、ヒントが得られる作品です、是非、ご覧になって下さい。

次は、ギャング映画の「Live by Night」

うーん「ギャング」、生きる難しさをもった職業ですね
家族は大変だ、絶対に家族にまで来るのが海外ギャングの掟だし

人と仕事に対する向き合い方のヒントになりますね
ビジネスで捉えて付き合うのか? それとも人を見て付き合うのか?
人を見るのであれば、その相手が職を変えてもお付き合いは続くのです。

そうそう、作品のヒロイン・・
恋人エマ役Sienna Millerさん、奥さんグラシエラ役のZoë Saldañaさん
そして、活動家ロレッタ役のElle Fanningさん、演技、それぞれが良かったです。

ギャング映画のドンパチというよりも、”生きる”を強く感じた作品でした。
それも”愛を持ってスマートに生きる技”かな・・
いい作品でした、是非、ご覧になって下さい。
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other