Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

空間/時を考えチョット哲学で”墓参り”・・「えっSMAP」

13日の「智慧の日」、両親の墓参りに行ってきました。
その日の深夜に伝わった「SMAP年末解散」の一報
「う〜ん」こじれた感情の修復って難しいんですね。

感情って、論理性では解決できない脳の反応、不思議に胸から湧き上がります。
頭を巡る論理的反応と違って、感情的反応は身体に現れますね(笑)
それも、”とっくに過ぎ去った出来事” が原因かと思われるのです。

過去の出来事は見えない事象なのですが、その際にとった各メンバーの行動が
個々の判断であり、自身への相対的価値(敵味方的)が浮き彫りになりました
その相対価値が自分の未来創作に関わってくることが容易に想定できますね。

揉め事は、「時間が解決する」とも言いますが・・・時間と脳って?

▽この前日、偶然、NHKのドキュメンタリー番組
 ”モーガン・フリーマン 時空を超えて「“時間”は存在するのか?」”
を偶然観る機会を得ました。serendipity・・かも

時間とは何なのか?この宇宙に実在するものなのか?あるいは、人間が作った幻想なのか?科学最大の謎と言われる「時間」に、世界の研究者たちが様々な角度から迫る。

時間とは何なのだろう?どのように定義できるのだろう?1日を数字で刻むもの。脳で構築しているもの。時間は実在せず、空間から推察されるという説、宇宙の光の速度の変化をはかることで、実在を証明できるという説もある。事故にあった時にスローモーションのように感じるのは、脳の働きによるものだと言われる。時間認識の違いは何をもたらすのか?(2015年7月初回放送)

「興味の湧いてくるテーマでしょ」

▽時間と空間について考えた映像を見つけましたよ
(出展: American Museum of Natural History)
90分に及ぶ中身の深い作品です、ご覧になって下さいませ

夏の1日に、”プチ知識” 如何でした(ふふ)

「今の瞬間を生きろ」の言葉が染み入る内容でした。

▽新商品、新ビジネスを思考する毎日の私
人に身体が欲しがる感動と相対価値を提供できるモノって・・・「何だろう?」
THINK
考える空間を意識的に変化させてます。
自分が動くことで仮想ライバルとの時間差を作る(ふふ)
発見:差異を見い出す行為(偶然も含む)
発明:意図的に差異を見い出す
技術:合理性の追求で目的達成
デザイン:安定/不安定を創り出し脳を刺激する行為
これらを組み合わせて考える。

空間と時間を有効利用して、より良い未来を創り出すのが人間だ
異なるものを組み合わせを構成できるのも人間だ

***ここで自分が考える「相対性理論」理解の屁理屈を・・・
自分の周りに存在するモノのすべてが原子(粒子)で構成されてます。
動くことで、その粒子の構成が変化することで見える世界が変化する
これが日々の生活で観ている目の前の出来事です。
3DCGのモデルを動かし2次元画像にレンダリングする事と同じ
今(瞬間)見えているのは、立体視できる2次元画像の1コマです。
変化が早いとコマ数が増えるのでスローに再生される(相対性理論)
変化が早いと密度が変化するので重力が倍加し重さが変化(相対性理論)
時を動く事が身体の粒子に変化を与える・・それが生命だと思います。
                        ・・・・・***
たまには、こんな哲学的な事を考えるのもいいと思う。


▽さて、墓参りは、過去と向き合っての時空の整理のタイミング
墓参り
ここで、消去していい過去の感情を整理するんです。
「いつまでも過去事象データを持っているってどう?」
LINEのやり取りだけで感情むき出しになって(ふふ)
勝手に作った疑念をも事象データに登録しちゃう?
自身(脳)が記憶した「体験」だけで良いのでは?
疑念のストレス作りに、脳みそ使いますか?
”今を良く見て今を生きる事” に振り向けると楽です。


それがなぜ、墓参りのタイミングかって?
過去の事象である、先人の粒子振動が溜まっている場所だから
自身が保有する過去事象の粒子振動情報が離れやすいらしい
訳わからんち(ふふ)
宇宙から感じたことをお伝えする(勝手閃きゆえ)
まだまだ、言葉が足りないかも知れません、御免なさい。

他人の作った映画やゲームを楽しむのも良いのですが、
暑い夏のひととき、無駄と思える人間思考も楽しいですよ。
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【まるわかり FinTechの教科書】…Fintechを抑えておこう
まるわかり FinTechの教科書

Book (発売日:2016-07-28)
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other