Jimmy Nakamura

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

映画「マクベス」で私欲を学び、「殿、利息でござる」で慎みを学ぶ・・

「マクベス」で私欲を学び、「殿、利息でござる」で慎みを学ぶ・・ホンマか?
「つつしみ」をテーマにした(?) 映画二本立てで観てきました

一本目は、「マクベス」
「ハムレット」「オセロー」「リア王」と並ぶシェイクスピアの4大悲劇の映画化


勇猛果敢だが小心な面もある将軍マクベス、妻と謀って主君を暗殺し王位に就くが、保身の重圧に耐えきれず錯乱して暴政を行い貴族や王子らの反抗に倒れる物語

ストーリーは多く知られる所ですが、それを現代風にアレンジしているので判りやすい、シェイクスピアの時代から、権力の座につくと公私混同し暴政をふるう・・

2016年にも居ました(ふふ)

先週も書きましたが、今週の定例会見での舛添都知事でしたが、「厳しい目で公正に判断して頂く」連発・・解決策の悪さが「マクベス」と一緒、どうして悪化方向に駒を進めるの?「疑惑を隠そう」って顔が言ってます。

この作品、晴れたシーンが全く無かったような・・スモークだらけで「暗〜い」
やっぱ悪事に太陽は似合わないか、でも太陽光発電業界で悪事を働く人がいる

二本目は、「殿、利息でござる」
「武士の家計簿」などの磯田道史氏の近著「無私の日本人」の映画化作品

作品名から、貸した後のストーリーかと思ったら、貸すまでのお話でした

ここでの教えは、地域振興のために資金を提供したけれど・・・
外には話さない自慢しない「つつしみの心」らしいが・・・

しっかりと、農民BUSSで町中に伝わっていました(納得)
あれほど小作人ネットワークがしっかりしている地域は衰退しないと思う
それらを学ぶには・・是非、映画をご覧になって下さいませ

今、わたし的に、地域振興策を色々進めていますが、つつしむどころか
如何に、実績を伝えて商売を繁盛させるかと画策しています候(笑)
発想のネタ探し | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【HARD THINGS】…答えがない難問と困難にきみはどう立ち向かうか
HARD THINGS

Book (発売日:2015-04-17)
【自分を超える法】…自分チェックに良いです、構成も分かりやすい
自分を超える法

Book (発売日:2011-07-23)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other