Infini Magic

新しい何かを創りたいと考えている人のブログ

中国市場は隣国意識でなく世界市場意識で

中国市場参入を隣国意識で対処すると厳しい結果が待っています。
BRICs国際新興市場での世界勝負と考えると分かり易いと思います。

半導体売上高で世界2位の韓国サムスン電子の時価総額が同首位の米インテルを抜くとの記事が有りました。世界市場のGDPは日本市場の約10倍です、世界市場で勝負する企業は桁違いに商品を流しているために、コスト競争力が日本企業の比ではありません。
例えば、携帯電話生産を世界市場で勝負するNokia社、Motorola社、 Samsung社の生産量は年間1億〜2億台、方や日本のトップメーカーの生産量は年間1000万台にすぎません。

中国市場参入を考えた時、日本市場での競合想定とは大きく違っています。
初めから、世界企業が競合相手となるケースもあります。
・・・ステップを踏んで拡大していくことは当然として、中国参入を世界市場への挑戦と考える心構えが必要なのでしょうね。

今、INFINI MAGICでは、中国北京からビジネスをスタートする某日本VB企業の支援をしています。
まさに世界市場を想定してプランを練っています。
- | comments (0) | trackbacks (25)

Comments

Comment Form

Trackbacks

Information
  • Search Keyword :
Calendar
Categories
New Entries
Recommend
【自分を超える法】…自分チェックに良いです、構成も分かりやすい
自分を超える法

Book (発売日:2011-07-23)
Recent Trackbacks
Archives
Profile
Other